アトピーはなぜ起こるか?

アトピーとは、「慢性炎症疾患」の一つです。

湿疹やかゆみがあるということは、皮膚で炎症が起きている証拠です。

笹月武彦.Janeway’s 免疫生物学.原著第7.2010.
Gordon BR.Otolaryngol Clin North Am 2011.

アトピーは
「バリア機能異常」
「アレルギー炎症」
「痒み」

この3つの要素が独立してではなく、お互い関連しながら発生機序に関与しています。

画像1 画像3

この図のように、関連しあって症状を出します。
何か一つあると影響し合います

バリア機能に異常があると、異物が皮膚から侵入し炎症を起こします。様々なサイトカインが放出され、痒み・バリア機能異常を助長させます。

画像2

アレルギー物質の暴露があった時も同様にサイトカインが放出され、痒み・バリア機能異常を起こします。(食物アレルギーなど)

痒みがあった場合、掻きむしる事でバリア機能の崩壊、TSLP上昇によるアレルギー反応を助長させます。

スクリーンショット 2020-10-05 11.23.57

アトピーは「痒み」「バリア機能異常」により炎症を起こしますが、これは二次的な炎症と考えています。
根底に慢性炎症を起こす要因があり、それを解決しない限り繰り返します。

何が炎症を起こすのか?

その原因は様々です。↓
ケラチノサイト、サブスタンスP、一酸化窒素、NO、ヒドロキシラジカル、ノシセプチン、トロンボキサン、ロイコトリエンB4、エストロゲン、セロトニン、フタル酸、PUFA、エンドトキシンなど

Simone DA,et al.Somatosens Mot Res 1991.
Allergol Int 2013 Dec;62(4):403-13
J Allergy Clin Immunol.2010 Oct;126(4):784-790
J Allergy Clin Immunol.2015 May;135(5):1358-66
J Allergy Clin Immunol.2017 Oct;140(4):1090-1100

これらを聞いてもピンとこないかもしれませんが、現代食が大きく関係しています。
※PUFA(オメガ6&3)、脂質過剰、有害物質、慢性ストレス、環境ホルモン、腸内環境の悪化など。

どの疾患もそうですが、
胃腸機能・代謝を改善させて、炎症を抑えることが重要になります。

無視やり炎症を抑えても再発の可能性が高く、長期的には悪化させる可能性があります。(オメガ3、糖質制限、サプリメント、ステロイドなど)

お読み頂き有難うございました!

LINE@で1週間1回ほど栄養情報を無料で配信しています。
https://lin.ee/rua1ubC
※うまく登録できない人は【Google Chrome】でクリックして下さい。

セミナー情報
https://note.com/ren_eiyo/n/n0ad6fbc95d89

コンサル
http://regainnatural.jp/consulting/

インスタ
https://www.instagram.com/ren_kozasa_eiyo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です