Nutritionistオンラインセミナー 内容

Nutritionistオンラインセミナー内容

 

【1日目】栄養の基礎と生化学

1−1.現代人の意欲低下、体力低下、疲れやすさ、病気の増加の原因とは

・現代人の体力低下の原因とは
・エネルギーを作り出せないカラダ
・身体でどのようにエネルギーが作られ使われているか
・全てはエネルギー依存
・慢性疾患は○○○○の機能異常
・現代人の栄養状況
・食事の基本
・パフォーマンスを最大限まで引き上げるために必要なこと
・生化学とは

1−2.エネルギー代謝と三大栄養素

・エネルギーとは何か
・アデノシン三リン酸とは
・身体構造について
・エネルギー代謝と三大栄養素
・解糖系、TCA回路、電子伝達系とは
・エネルギー代謝で使われるビタミン・ミネラルとは
・ミトコンドリアの機能を低下させる因子とは
・エネルギー源としての糖が重要な理由
・各組織のエネルギー源は何か
・呼吸商について
・酸素を細胞に入れるボーア効果
・二酸化炭素の重要性
・各組織のエネルギー源とは
・糖質の代謝の流れ
・タンパク質の代謝の流れ
・脂質の代謝の流れ
・ランドルサイクルからみる代謝
・糖新生によるエネルギー消費と負担について
・アンモニアの処理にはエネルギーが10数%使われる!?
・アミノ酸が一度多く蓄積できない理由
・脂質過剰だと活性酸素が発生する?
・効率的にエネルギー産生するには
・エネルギー代謝を阻害するもの
・糖以外をエネルギー源にしてはいけない理由
・タンパク質をエネルギー源とするデメリットとは
・脂質をエネルギー源とするデメリットとは
・ケトン体では脳のエネルギー源になり得ない
・理想の摂取バランスについて
・理想の摂取量について
・食物繊維量について

1−3.理想的な「炭水化物=糖質」の摂り方

・そもそも炭水化物とは何?
・人類進化からみる炭水化物の重要性
・エネルギー代謝からみる炭水化物の重要性
・日本人の栄養摂取量
・米について
・米の栄養素
・米に含まれる有害物質について(フィチン酸、サポニン、レクチン、カドニウム、水銀、ヒ素、農薬、放射性物質)
・白米VS玄米
・有害物質の処理の仕方
・小麦製品について
・小麦製品の栄養素
・グルテンの問題
・小麦の品種改良(古代小麦について)
・小麦の有害物質
・大麦のについて
・イモについて
・果物について
・果物の摂取量について
・野菜について
・野菜の推奨量と摂取量
・野菜を積極的に摂取しないほうがいい場合とは?
・ポリフェノールとイソフラボンは健康効果だけではない?
・砂糖について
・砂糖のメリット、デメリット
・消化不良、肥満の人には黒糖が使える理由
・炭水化物摂取で気をつけないといけない4つのこと
・血糖値の急激な変動
・高血糖症状、低血糖症状を理解する
・GI値、GL値を理解しよう
・食べ順、食べ合わせ、量、頻度が重要な理由
・耐糖能低下のメカニズム
・耐糖能が低下しているどうかの判断
・リーキーガット症候群
・リーキーガット症候群の原因
・腸内環境を保つためにもエネルギー依存?
・PAMPS、MANPSが最大の要因
・リーキーガットを起こす抗栄養素とは?
・小腸内細菌異常増殖症(SIBO)
・SIBO原因
・SIBOにより消化不良?
・SIBOがあると脂質の吸収が悪くなるわけ
・低FODMAP食とは
・低FODMAP食の進め方

【2日目】炭水化物・タンパク質・脂質の正しい摂り方

2−1.理想的なタンパク質の摂り方

・理想のタンパク質の摂取量
・食材のタンパク質含有量
・意外と忘れがちなご飯やパンに含まれているタンパク質
・理想の摂取比率
・過剰摂取を控えたほうが良いもの
・牛肉編
・豚肉編
・鶏肉編
・魚編
・大豆編
・鶏卵編
・乳製品編
・ジビエについて
・赤身肉の危険性
・なぜ赤身肉の過剰摂取は危険なのか?
・身体の状態によって鉄を減らす?
・大豆製品のリスク
・大豆に入っている抗栄養素の影響とは
・イソフラボンの影響
・イソフラボンに影響を受けやすい人とは
・大型魚のリスク
・食物連鎖の頂点は有害物質を蓄積する?
・筋肉部位だけ食べるリスク
・加工肉のリスク
・加工肉を毎日食べると○○のリスクが上がる
・タンパク質の食べ過ぎによるリスク
・タンパク質を消化できない原因と改善方法

2−2.理想的な「脂質」の摂り方

・脂質摂取量が増えた理由
・現代人の脂肪はオメガ6まみれ
・脂質について基礎から理解しよう
・脂肪酸の種類
・酸化されやすい脂質の見抜き方
・酸化のメカニズム
・酸化したらどうなるのか?
・理想の脂質摂取量
・脂質の理想の摂取量とは
・全体の摂取カロリーの20〜25%の理由
・飽和脂肪酸の摂取量は7%を超えて良い
・オメガ6とオメガ3の理想の割合
・オメガ3健康神話は本当か?
・理想的な比率にするための食事とは
・調理油の選び方
・ココナッツオイル
・バター
・パーム油
・カカオバター
・ヘット(牛脂)
・ラード(豚脂)
・鶏油
・オリーブオイル
・サフラワー油(ハイオレイック)
・米油
・菜種油
・ごま油
・綿実油
・大豆油
・グレープシードオイル
・亜麻仁油・エゴマ油
・サラダ油とは
・キャノーラ油
・トランス脂肪酸について
・MCTオイルについて

2−3.摂り方のまとめ

・理想の摂取バランスとは
・食事回数について
・間食について
・食事の注意点
・流行っている健康法、食事法について
・糖質制限について
・ケトジェニック食について
・玄米菜食について
・ビーガンについて
・オメガ3について
・MCTオイルについて
・砂糖悪玉説について
・ファスティングについて

【3日目】減量について

3−1.カラダに負担がかからない正しい減量方法

・太る原因とは?
・脂質の過剰摂取のデメリット
・「代謝の低下」
・「耐糖能低下」
・「脂質はダイレクトに脂肪へ変換される」
・脂質の過剰摂取 解決方法
・耐糖能を改善させる魔法の食べ物
・果糖による耐糖能改善メカニズム
・「脂質の過剰摂取」以外に代謝低下させるもの
・甲状腺ホルモンの合成
・PUFAについて
・甲状腺ホルモンを活性型に
・肝臓・腎臓に負担をかけるものとは
・コルチゾールと甲状腺ホルモンの関係について
・植物エストロゲン
・環境ホルモンからの影響
・異性化糖で太る
・人工甘味料で太る
・「血糖値を上げない食事」
・GI値の高いもの・低いもの
・食物繊維不足による血糖値の上昇
・摂取カロリーと消費カロリーのバランス不良で太る
・「食べる頻度、食べる時間」によって太る
・食べる頻度と時間の理想
・睡眠不足は太る
・運動を取り入れていくべき理由
・皮下脂肪と内臓脂肪の違い
・運動は耐糖能を改善させる
・筋肉は最大の脂肪燃焼場所
・適切な運動とは
・具体的な食事法
・糖質制限について
・糖質制限の疫学調査
・糖質制限による耐糖能低下
・糖質制限による食物摂取量の低下
・高タンパク食のリスク
・糖質制限で調子が良くなる理由

【4日目】睡眠、貧血、便秘、冷え性、スポーツ栄養

4−1.質の良い睡眠をとるためには

・睡眠の役割
・睡眠不足による弊害
・睡眠の種類
・なぜ眠くなるのか〜睡眠のメカニズム〜
・入眠障害型の原因
・入眠儀式を習慣化する
・カフェインと睡眠
・アルコールの睡眠への影響
・入眠障害型の原因
・睡眠維持障害型の原因
・睡眠に必要な栄養とは
・メラトニン、GABAを作る栄養素はいらない?
・理想的な環境とは
・昼寝と睡眠時間について

4-2.貧血の栄養学

・貧血の種類
・様々な貧血が重複している?
・鉄欠乏性貧血が多い理由
・貧血の診断
・鉄欠乏性貧血の原因は鉄不足だけではない
・現代は鉄摂取量が不足している?
・鉄摂取量不足の理由とは
・ヘム鉄、非ヘム鉄の違い
・ヘム鉄、非ヘム鉄はどちらが良い?
・過剰な鉄喪失の原因とは
・鉄の吸収障害の原因とは
・鉄不足とPUFAの関係
・再生不良貧血、巨赤芽球性貧血、悪性貧血、溶血性貧血の原因
・貧血改善法

4-3.便秘の栄養学

・便秘の種類
・便秘が女性に多い理由
・機能性便秘の原因とは
・大腸の蠕動運動について
・便秘と短鎖脂肪酸の関係
・軽度、重度では対応が全く違う理由
・エネルギー産生を阻害するもの
・薬の影響について
・便秘改善法

4-4.冷え性の栄養学

・冷え性のメカニズム
・UCPとは
・手足だけ冷たくなるメカニズム
・消化吸収機能との関係
・脂質過剰摂取との関係
・糖代謝の重要性
・冷え性改善法

スポーツのパフォーマンスアップ

4-5.適切な水分補給

・発汗による脱水の影響
・理想的な水分補給〜6つの要素〜
・オリジナルスポーツドリンクの作り方
・果糖ブドウ糖液糖とは
・ミネラルウォーターとは
・濃縮還元ジュースとストレートジュースの違い
・野菜ジュースとは

【5日目】スポーツ栄養、食品添加物、農薬、遺伝子組み換え食品について

5-1.運動前後の栄養補給

・運動前の栄養補給について
・運動後の栄養補給について

5-2.競技別栄養指導

・無酸素運動はありえない
・瞬発的な運動でのエネルギー源とは
・瞬発的な運動の疲労の原因
・持久的運動の疲労の原因
・疲労しにくい、つりにくいカラダの作り方
・瞬発力を要するスポーツでの栄養指導
・持久力が必要とされるスポーツでの栄養指導
・筋肉をつけるために栄養指導

5-3.試合で結果を出すために

・試合で結果が出せない原因
・試合でパフォーマンスを上げる方法

5-4.食品添加物について

・食品添加物とは
・食品添加物は安全か?
・食品添加物の安全性の評価は動物実験のみ?
・NOAELとADIとは?
・エビデンスレベルとは
・3種以上の相加毒性・相乗毒性について
・指定添加物について
・2003年以前の食品添加物は危険?
・既存添加物の安全性について
・危険な添加物とは?
・人工甘味料について
・着色料について
・タンパク加水分解物について
・グルタミン酸について
・亜硝酸ナトリウムについて
・食品添加物の見方
・表示からすり抜けて入ってくる添加物
・一括表示とは
・キャリーオーバーと加工助剤は表示されない
・避けるべき食品とは
・コンビニ好きサラリーマンの一人暮らしで摂取する食品添加物摂取量
・スーパーをよく利用する主婦の食品添加物摂取量
・調味料も気をつけろ
・食品添加物を少なくするためのテクニック

5-5.農薬について

・農薬の種類について
・農薬の安全性について
・ヒトへの影響とは?
・有機リン系農薬の影響
・ネオニコチノイド農薬の影響
・有機JASとは
・有機JASも安全ではない!?
・特別栽培農産物とは?
・無農薬栽培と自然栽培の違い
・農薬の避け方とは

5-6.遺伝子組み換え食品について

・隠れて入る遺伝子組み換え作物
・遺伝子組み換え作物て何?
・遺伝子組み換え作物はどこで作られている?
・遺伝子組み換え作物の安全性とは
・グリホサート農薬とは
・グリホサート農薬のヒトへの影響
・輸入食品のグリホサート農薬の混入
・グリホサート農薬は外国では使われなくなっている?
・遺伝子組み換え作物の見抜き方
・遺伝子組み換え作物ではなくてもグリホサートが使用される作物
・記載ルールについて
・遺伝子組み換え作物の最大の用途は○○
・遺伝子組み換え作物を避けるために

【6日目】血液解析方法、症例検討

6-1.血液解析方法

・測定値とは
・脱水の見方
・溶血の見方
・炎症の見方
・タンパク質関連の見方
・ビタミンの見方
・抗酸化の見方
・鉄の見方
・亜鉛、マグネシウムの見方
・血統調節障害の見方
・ストレスの見方
・甲状腺機能の見方
・その他
・血液データの全体を俯瞰して考察する方法

6-2.症例検討

・2症例ほど(普段どのようにコンサルしているかをお伝えします)